『コード・ブルー』だけじゃない!“コード”がタイトルになっている日米話題のドラマを紹介

圧倒的な臨場感が話題のドラマ『コード・ブラック 生と死の間で』

圧倒的な臨場感が話題のドラマ『コード・ブラック 生と死の間で』 (C)2015 ABC Studios.

写真3枚

 山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介ら豪華出演者たちが、ドクターヘリに乗り込むフライトドクターとして活躍するドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ救急救命~』(フジテレビ系)。7月から待望の新シリーズがスタートすることが発表され、歓喜したファンも多いのではないだろうか?実は、ドラマのタイトルにもなっている「コード・ブルー」は、医療界ではよく知られた専門用語。ブルーの他にもレッド、オレンジ、ホワイトなどさまざまなカラーで“現場の状況”を表している。そこで、今回は日米の医療ドラマで“コード”をタイトルにしている話題のドラマをご紹介したいと思う。


 そもそも、「コード」とは、アメリカやカナダ、オーストラリアといった諸外国の医療、事故、犯罪現場において使用される専門用語で、多くの人が瞬時に情報を共有するために用いられる言葉だ。

 冒頭でも少し触れたが、2008年に初放送されて以降、大好評を博した『コード・ブルー~ドクターヘリ救急救命~』をまずは紹介したい。タイトルにある「コード・ブルー」は心肺停止などの重症患者が発生したことを表す言葉だ。ドラマでは、フライトドクターとして一時を争う現場で命を救うことに奔走するドクターたちの姿が描かれており、タイトル通りの緊迫感と生死の境で繰り広げられる人間ドラマが見どころとなっている。

 7月からの新シリーズでは、ドクターヘリ専門研修を終え一人前に成長した藍沢耕作(山下)、白石恵(新垣)、緋山美帆子(戸田)、藤川一男(浅利)がかつての自分たちのような未熟な医師たちを教える立場になり、新たに生まれた迷いや葛藤と向き合う姿を活写する。

 次に紹介するのはアメリカ発のドラマ。搬送患者が多すぎて救急処置室(ER)のリソースが足りない状態を指す「コード・ブラック」をタイトルとした『コード・ブラック 生と死の間で』を紹介したい。これまでにも『ER』や『クレイズ・アナトミー』など、数々の医療ドラマが世界的ヒットを記録したアメリカでも異色の医療ドラマで、その圧倒的なリアリティが話題となっている。


この記事をシェアする

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


クランクイン!ビデオとは?





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト