米ドラマ『ゴッサム』ベン・マッケンジーらキャスト来日!日本愛を熱弁

『GOTHAM/ゴッサム』緊急来日記者会の様子

『GOTHAM/ゴッサム』緊急来日記者会の様子  クランクイン!

写真21枚

 バットマン誕生前の“ゴッサム・シティ”を舞台に描く話題の海外ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』緊急来日記者会が11日に行われ、主要キャストを務めるベン・マッケンジー、ショーン・パートウィー、ロビン・ロード・テイラー、コーリー・マイケル・スミスが出席。また、この日は同作にはまっているというモデル・すみれも登場し、シーズン2でヴィラン(悪役)での出演を直談判。「歓迎するよ」との言葉に大喜びであった。


 本作はゴッサム・シティを舞台に、ジェームズ・ゴードン刑事の若かりし頃を圧倒的なスケールで描いたクライム・アクションドラマ。全米では昨年9月に放送がスタートし、第1話の視聴者数が全米1200万人を突破、早々に第2シーズンの製作が決定している。製作総指揮・脚本は、『メンタリスト』『ROME[ローマ]』を手掛けたブルーノ・ヘラーが務める。

 『ダークナイト』3部作ではゲイリー・オールドマンが演じたゴードン警部補だが、本作で若き日の姿を、ドラマ『The O.C.』のライアン役で知られるベンが担当。3度目の来日となる今回は、早めに日本を訪れ京都見物に行ったという。「すし、そば、うなぎ、日本食大好き。堪能しました。なんでも食べられます。京都では旅館に泊まりました。布団にはまりそう」と日本愛がとまらない。

 また、オズワルド・“ペンギン”・コブルポット役のロビンは「日本に来るのが長年の夢だった。ほんとうに素晴らしい。最高に楽しんでいるよ」と、来日の喜びを爆発させる。アルフレッド・ペニーワース役を務めるショーン、エドワード・ニグマ役を務めるコリーも「日本は嫌いなところがない。すべてが好き。何度でも来たい」と親日家振りを発揮。メンバーたちは、浅草寺や増上寺に行き、番組のヒット祈願をしたことも明かし、来日を大いに満喫している様子を覗かせた。

 『GOTHAM/ゴッサム』は海外ドラマ専門チャンネルAXNで放送中。DVDは7月22日よりVol.1から4、8月12日よりVol.5から8、9月9日よりVol.9から11をレンタル開始。


「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


クランクイン!ビデオとは?





関連記事

この記事をシェアする

編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング


注目フォト