『キングコング』TVドラマ化企画進行!女性主人公で髑髏島の由来と謎に迫る

『キングコング』テレビドラマ企画が浮上(※『キングコング:髑髏島の巨神』場面写真)

『キングコング』テレビドラマ企画が浮上(※『キングコング:髑髏島の巨神』場面写真) (C) AFLO

写真1枚

 現在、トム・ヒドルストン主演の『キングコング』前日譚『キングコング:髑髏島の巨神』が日本公開中だが、同作と同じように髑髏島を舞台にしたキングコング実写ドラマの企画が進行しているという。DeadlineやThe Wrapなどの海外メディアが伝えた


 IMグローバル・テレビジョンとマーヴィスタ・エンターテインメントが、ドラマ版の共同制作を発表したという。ジョー・デヴィートが手がける『キングコング』シリーズのグラフィックノベルと、メリアン・C・クーパーの1993年と2005年の映画『キング・コング』をベースにした実写ドラマで、原題は『King Kong Skull Island』。女性が主人公になり、国際色豊かな登場人物が髑髏島の由来と謎、そして恐怖に深入りしていくという。

 海外ドラマ『ローン・レンジャー 復讐のガンマン』のジョナサン・ペナーとステイシー・タイトルが、脚本と製作総指揮を務めるとのこと。キャストや放送局などは未定。映画『キングコング:髑髏島の巨神』との関連性も不明だが、別ラインでの作品と見ていいようだ。「これまでに見たことのないコング・ユニバースが描かれる」としている。


この記事を読んだ人におすすめのビデオ


最新作5本視聴体験今すぐおためし




関連記事

この記事をシェアする

編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング


注目フォト