『X‐ファイル』スカリーはシーズン11で見納め? ジリアン・アンダーソンが言及

シリーズが更新されても出演しない可能性を示唆したというスカリー役の女優ジリアン・アンダーソン(※『X‐ファイル 2016』場面写真)

シリーズが更新されても出演しない可能性を示唆したというスカリー役の女優ジリアン・アンダーソン(※『X‐ファイル 2016』場面写真) (C) AFLO

写真1枚

 ファンの熱望に応えて復活した海外ドラマ『X‐ファイル』シリーズ。日本では『X‐ファイル 2016』として事実上のシーズン11がリリースされたが、シーズン1よりFBI捜査官のダナ・スカリーを演じてきた女優ジリアン・アンダーソンは、シーズン11をもってスカリー役を引退することを考えているという。


 E!Newsによると、現地時間5日から8日に開催された「ニューヨークコミコン2017」に登壇したジリアンは、記者団から今後のシーズンへの出演を考えているか尋ねられると、特に考えていないことを明かしたらしい。
 
 ジリアンは、シーズン11に出演することを決めたのは「(シーズン10で)完結したという実感が湧かなかったからよ。前回でファンが期待していたことを全て提供できたとは思わなかったから」と説明している。

 ただ当初は、「(シーズン10で)終わったと思っていたの」とシーズン11への出演をそれほど意識していなかったようだ。だが、電話でシーズン11への出演依頼を受けた時は、それほど驚かず、逆に「出演を引き受けた自分に驚いた」そう。

 シーズン11にはもちろん、スカリーの相棒フォックス・モルダー役の俳優デヴィッド・ドゥカヴニーが続投。ウォルター・スキナー役の俳優ミッチ・ピレッジ、シガレット・スモーキング・マン役の俳優ウィリアム・B・デイヴィスなど、お馴染みのキャストも顔を揃える。


この記事をシェアする

「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


クランクイン!ビデオとは?





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト