エレン・ペイジ、元マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ原作ドラマに出演

ジェラルド・ウェイ原作ドラマに出演が決まったエレン・ペイジ

ジェラルド・ウェイ原作ドラマに出演が決まったエレン・ペイジ (C)AFLO

写真1枚

 映画『X-MEN』シリーズの女優エレン・ペイジが、米バンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のヴォーカルだったジェラルド・ウェイ原作のグラフィックノベル『アンブレラ・アカデミー』をベースにした実写ドラマに出演するという。TV Lineなどの海外メディアが伝えた。


 米コミック界の最高峰アイズナー賞を受賞した『アンブレラ・アカデミー』は、天才発明家ハーグリーヴズが育てた特殊能力を持つ子どもたちの活躍を描く。20年疎遠になっていた子どもたちは、ハーグリーヴズの死をきっかけに再集結し、世界を救うために立ち上がるというストーリーだ。

 エレンが演じるのはヴァーニャというキャラクターで、一家の“お荷物”的な存在。特殊能力を持たず、温和で自分に自信が持てない彼女は、必死で自分の居場所を見つけようとしている役どころらしい。

 Netflixのもとで製作される同ドラマの脚本は、海外ドラマ『エクソシスト』のジェレミー・スレイターが執筆。海外ドラマ『FARGO/ファーゴ』のスティーヴ・ブラックマンがショーランナーを務める予定と伝えられている。


この記事をシェアする

「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


今だけ!お好きな作品1本プレゼント





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト