<TGS2017>松平健、初キャラコスプレに「重厚感があっていい」 本郷杏奈もセクシー衣装で登場

松平健、東京ゲームショウ2017『23/7 トゥエンティ スリー セブン』スペシャルステージに登場

松平健、東京ゲームショウ2017『23/7 トゥエンティ スリー セブン』スペシャルステージに登場  クランクイン!

写真20枚

 俳優の松平健が、グラビアアイドルの本郷杏奈とともに、21日に幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2017内にて、「『23/7 トゥエンティ スリー セブン』スペシャルステージ」に登場。アニメキャラクターのコスプレに初めて挑んだ松平は「重厚感があっていいですね」と笑顔で感想を語った。


 スマートフォン向けアプリ『23/7 トゥエンティ スリー セブン』は、9時が消滅して1日が23時間となった世界を舞台に、主人公の神名ヒカリが失われた時間を取り戻すために繰り広げる戦いを描くファンタジーRPG。松平は、自身が声優を務めた主人公の最大の強敵ウォーダンのコスプレで登場し、「重厚感があっていいですね」と笑顔でコメント。アニメキャラのコスプレは初挑戦だそうで、着心地については「そんなに重いというほどではないんですけどね。動きにくいというのはあります(笑)」と語った。

 ウォーダンの娘であるブリュンヒルデにふんした本郷は「コスプレをするのが初めてだったので、すごくドキドキしていたんですけども、いざ着るとすごいスッとした気持ちになりました」とコメント。気に入っている衣装のポイントを聞かれると「スリットが入っているので、すごくセクシー」と白い歯を見せた。また「日本一恥ずかしがりやなグラビアアイドル」というキャッチコピーに絡めて、水着とコスプレのどちらが恥ずかしいか問われると、「水着の方が(笑)。露出がちょっと恥ずかしいですね」と照れ笑いを浮かべた。

 そんな本郷のコスプレ姿に「いや~。綺麗ですね。大人っぽい」と笑みを見せた松平は、本郷から「あがり症なもので、そういうところをどうにかしたいと思っているんです」と相談されると、「最初のころは私もあがっていましたけど、場慣れじゃないですかね。あとは、役になりきる(こと)」とアドバイスを送った。当日はマジシャンの新子景視も登壇し、時間に絡めたマジックを披露して会場を沸かせた。

 スマートフォン向けアプリ『23/7 トゥエンティ スリー セブン』は今冬配信予定。


この記事をシェアする

「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


クランクイン!ビデオとは?





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト