<週末のおすすめビデオ>実写『銀魂』成功の秘訣 原作ファンを裏切らない“くだらなさ”を真剣に

実写『銀魂』成功の秘訣 原作ファンを裏切らない“くだらなさ”を真剣に

実写『銀魂』成功の秘訣 原作ファンを裏切らない“くだらなさ”を真剣に (C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会

写真1枚

 2017年の邦画界を代表する大ヒットとなった『銀魂』。漫画原作の実写化といえば、原作ファンも満足させるのは至難の技。そんな中、本作は原作ファンにも概ね好評で、続編の製作も決定。新たな実写化成功例となった。最大の成功の秘訣は、“くだらなさを真剣に描く”という原作の魅力と、福田雄一監督の持ち味が見事に合致したこと。本年の締めくくりに、『銀魂』の実写化成功について今一度振り返ってみたい。


 原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)の看板コミック。万事屋を営む坂田銀時を主人公に、彼のもとに転がり込んでくる新八、神楽ら仲間たちが大騒動を繰り広げる様を描く。これまで「漫画原作の実写化で成功した作品」というと、『るろうに剣心』や『デスノート』が思いつく人も多いはず。成功するためには、原作ファンを裏切らないキャスティングと、決してブレてはいけない柱を守ることが不可欠。さらにその上で、「実写化した意味」が感じられなければ、成功とは言えないだろう。

 その点、『るろうに剣心』ではスピード感あふれるアクション、『デスノート』には藤原竜也の慟哭という、キャスティングの満足度に加えて、実写映画だからこそ味わえたワクワク感がしっかりとあった。では『銀魂』はどうだろう?

 キャスティングは発表されるごとに盛り上がるなど、ドンピシャのものとなった。中心人物となる“万事屋3人衆”のハマりぶりに絞って考えても、銀時を演じた小栗旬は、彼自身の持つ“人が自然と集まってくる人望の厚さ”も銀時とソックリ。新八役の菅田将暉は、いま最も勢いに乗る俳優であるにも関わらず、“ダメガネ”と呼ばれる新八に驚くほどハマっており、彼の俳優としてのポテンシャルの高さを改めて実証した。最高のサプライズは神楽役の橋本環奈。“千年に一度の美少女”のフレーズを自らいじり、鼻ホジ&ゲロ吐きありのヒロインを見事に演じきった。白目をむいて鼻をほじる姿には、その潔さと清々しさに「あっぱれ!」と声をかけたくなったほど。


この記事をシェアする

「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


今だけ!お好きな作品1本プレゼント





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト