遼河はるひ、実写版『美女と野獣』ベルに強烈なシンパシー!「私も変わり者だった」

『美女と野獣』の大ファン!遼河はるひにインタビュー

『美女と野獣』の大ファン!遼河はるひにインタビュー  クランクイン!

写真4枚

 ディズニーの不朽の名作をエマ・ワトソン主演で実写映画化した『美女と野獣』。本日からついに日本での公開が始まった。本作をひと足早く鑑賞した元宝塚で女優・タレントとして活躍する遼河はるひは「宝塚を目指していた頃の私は、ベルのようだったかもしれない。周りには変わり者と見られていましたから」と勇気を持ったヒロイン・ベルに強烈なシンパシーを寄せる。映画の感想を語ってもらうと、感動の思いとともに、遼河の“強さのヒミツ”までが明らかとなった。


 聡明で美しい女性・ベルと、魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった王子との運命の愛を描く物語。アニメーション版(91)も劇団四季による舞台版も「何度も観ている」という遼河。『アラジン』『リトル・マーメイド』等の音楽を手がけた巨匠アラン・メンケンによる珠玉のナンバーも本作の人気の秘訣だが、「カラオケでいつも歌うんです。ベルだけじゃないですよ!全役一人で歌います(笑)。『美女と野獣』の物語と歌詞・メロディーがマッチしているので、役になりきって入り込んで歌える曲ばかり」とその楽曲にもゾッコンで、「本作で歌われている新曲も素晴らしい楽曲ばかりで歌いたくなりますね!早くカラオケに入らないかな」と目を輝かす。

 『美女と野獣』大ファンの遼河にとって、今回の実写化をどう感じただろう?「漫画や、アニメ、小説などなんでもそうですが、好きすぎるものが実写化されると素直に受け入れられなかったりしますよね。でも今回は、そんな心配は無用でした。映画が始まったら、いつの間にかその世界に入り込んでいました。衣装もすごくかわいくて、やっぱりベルと野獣のダンスシーンは一番感動的。うるっときました」。

 読書が大好きで、独立心旺盛なベル。村人たちからは「変わっている」と思われていながらも周りに流されない心の強さを持つベルを、エマ・ワトソンが演じている。遼河は「私も宝塚を目指していた時は変わり者だと思われていたんです。あの頃の私はベルのようだったかも…」と告白。「クラスメイトの誰にも“宝塚を目指している”とは言わず、内緒で受験をしました。密かにレッスンに行って、猛勉強をしていたので、周りからは何をやっているか謎だったと思う。でも私は、ブレずにまっしぐらでしたね」とまっすぐなベルと、夢に向かって突き進んでいた頃の自分とを重ね合わせていた。


この記事をシェアする

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


今だけ!お好きな作品1本プレゼント





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト