ピエール瀧、”変態ヤクザ役”で北野武監督と初タッグ お気に入りは「登場シーン」

ピエール瀧、『アウトレイジ 最終章』インタビュー

ピエール瀧、『アウトレイジ 最終章』インタビュー  クランクイン!

写真6枚

 ミュージシャンと役者を両立する者が多い昨今において、ピエール瀧の活躍は特に目覚ましい。声優を務めた『アナと雪の女王』や『とと姉ちゃん』で見せた柔らかな芝居も魅力的だが、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で務めたアウトロー役にもハマる瀧は、『アウトレイジ 最終章』で、あの北野武監督と初タッグを組んだ。「緊張感という意味では、生放送に近い感じ」と北野組の印象を語る瀧に、本作で務めた新たな抗争のきっかけとなる役柄や、芝居への思いについて話を聞いた。


 前作『アウトレイジ ビヨンド』のその後を舞台とする本作では、主人公の大友(ビートたけし)が身を寄せるフィクサー・張会長(金田時男)が率いる張グループと、日本最大勢力を誇る花菱会が一触即発の状態に。花菱会の直参幹部で抗争の端緒となる花田を演じた瀧は、「(マネージャーが)変態のヤクザの役らしいですよって言うから、そりゃいいねえと(笑)。『アウトレイジ』じゃなかったとしても、変態のヤクザの役っていいじゃないですか。全リミッター解除な感じがして」とオファーを受けたときのことを述懐する。

 ヤクザや悪徳刑事など、アウトロー役の印象が強い瀧は「北野組は細かく監督に聞けない感じなので、自分の中で解釈するしかない」と前置きしたうえで、花田に「イケイケな目標のあるヤクザ」と「好き勝手やってきたヤクザ」という2つのイメージを抱いていたことを明かすが、結果的には後者に落ち着いたとのこと。「(上の者に)ずっと怒られているので(笑)。それを考えるとイケイケというよりは、悪かったゴロツキみたいなやつらを束ねているというか…。戦国時代で言うと、城持ち大名よりも、豪族からのし上がってきた感じですね」。

 演じるうえで大切にしていたことを聞くと、「金儲けは上手いけど、実際に目の前で銃を向けられたときのドンパチにはあまり慣れていないはずなので、銃を向けられたらすごくビビるというのだけは気をつけてやっていました」とニヤリ。その言葉通り、劇中におけるビビりっぷりが印象的な花田だが、瀧が特に気に入っているのは「登場シーン」だそう。「あんな怖い顔してるのに、首にギャグボールという(笑)。ネットではずっと、怖いドラえもんって言われていましたけど、その通りだなあと思って」と三枚目な役回りにも満足げな様子だ。


この記事をシェアする

「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


クランクイン!ビデオとは?





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト