大泉洋、4年ぶり新作に「やっぱりこのシリーズが大好き」 溢れる “探偵”愛を語る

大泉洋、『探偵はBARにいる3』インタビュー

大泉洋、『探偵はBARにいる3』インタビュー  クランクイン!

写真7枚

 大泉洋と松田龍平共演による人気シリーズ第3弾『探偵はBARにいる3』。4年ぶりの凸凹コンビ復活に加え、無茶振りアクションもさらにパワーアップし、新ヒロイン・北川景子と繰り広げる切なくも危険な大人の駆け引きが観る者を釘付けにする。「やっぱりこのシリーズが大好きだ」と、改めて思いを噛みしめる大泉が、溢れる“探偵”愛を語った。


 東直己の人気推理小説「ススキノ探偵シリーズ」を実写映画化した本作は、大泉自身のホームグラウンドでもある札幌の歓楽街ススキノを舞台にしたハードボイルド・コメディー第3弾。ある日、探偵(大泉)の元に、相棒の高田(松田)が、失踪した友人の彼女・麗子(前田敦子)の調査依頼を持ちかける。軽い気持ちで依頼を受けた探偵だったが、麗子が所属するモデル事務所の謎めく美人オーナー、マリ(北川)に翻弄されながら、いつしか大きな事件に巻き込まれていく。

 4年ぶりに『探偵』シリーズに帰ってきた大泉は、あまりブランクは感じなかったと振り返る。「いつものメイクさん、いつもの衣装さんに、いつものようにやってもらって、あのコートを羽織ると、すぐにスイッチが入りますね。ススキノの現場へ行くと、やっぱりいつものカメラマンがいて、照明さんがいて、そして龍平くんがいて、どんどん『探偵』の世界に入って行く感じ? セリフを吐いたらもう完璧ですよ」。

 若干、体力の衰えを感じつつも、時の流れを“渋さ”に還元した大泉、本作では、さらに“探偵像”の構築にこだわった。「どこかに大人の悲哀というか、がんばって生きているけれどうまくいかない探偵の“切なさ”が、この作品にはもっと必要な気がして。今回は、ヒロインが背負っている悲しみとの関わりの中で、どうすればその方向に持っていけるのか、脚本家やプロデューサーとかなり議論を交わしながら作り上げていったところはありますね」。

 北川演じるミステリアスなヒロイン、マリに振り回されながらも、大人の優しさを節々にじませる探偵。確かに目を疑うほど男の哀愁がほとばしり、より進化した探偵を垣間見せるが、「やっぱりいつもの探偵だ」とホッとさせてくれる一面も。「あるシーンで、突然マリに後ろから抱きつかれて、“遊ぼうよ”って言われるところがあるんですが、あれはもうクラクラきましたね。結局、男女の一線を越えてしまって、『恋人たちの予感』のビリー・クリスタルみたいになっちゃうワケですが」と照れ笑い。北海道の雪を味方に「高倉健のようだった」とプロデューサーから絶賛されながらも、渋い男に定着しきれず、ちょっぴり浮いてしまう大泉の“抜け感”もまた魅力の一つだ。


この記事をシェアする

「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


今だけ!お好きな作品1本プレゼント





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト