映画『亜人』最強の不死身男“佐藤役”に綾野剛! 佐藤健の前に立ちはだかる

映画『亜人』キャスト写真

映画『亜人』キャスト写真 (c)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

写真1枚

 俳優の佐藤健と『踊る大捜査線』シリーズを手がけた本広克行監督のタッグによる、人気コミックスの実写化映画『亜人』(9月30日公開)にて、綾野剛の出演が決定した。綾野は佐藤健演じる、主人公・永井圭と敵対する“最強最悪の不死身男・佐藤”役を務める。


 本作は、交通事故での死亡から生還したことにより、死と共に再生する能力を持つ新人類“亜人”の一人であることが発覚した主人公が、国家権力やテロを繰り返す亜人たちとの戦いを繰り広げる様を描いたストーリー。病の妹を救うため、研修医として日々勉学に励む主人公・永井圭役を佐藤が務める。

 綾野演じる“佐藤”は国家転覆を図るテロリスト役。原作の元軍隊上がりというキャラクターを意識し、撮影4ヵ月半前から食事制限と筋肉トレーニングを行い、原作に合わせ髪も銀色に染めた。綾野はそんな取り組みを「肉体的にも非常に追い込めて、ものすごく僕自身も良い状態で佐藤を生きることができた自負があるので、撮影もちゃんと毎日毎日一つずつきちんとやりきっているという実感があります」と振り返る。

 また2度目の共演となる佐藤に対して、久々の共演を喜びながら「さらにいいものを一緒に作ろうよという思いも強かったので、本当に良いタッグを組めて、本広監督に向かっていくことができたのかなと、健君には非常に感謝しています」と共演によりできた本作の出来に自信を見せる。

 綾野同様に漫画好きと明かす佐藤は「佐藤という役をやることの重さや、亜人という漫画の実写化について同じものをシェアできていた」と語り「同じ目線でいれたので、あとは必死にやるだけで、もちろん俳優としてもすごく信頼しているので、そっちは任せた、こっちはこっちでやるという安心感がありました」と綾野との信頼関係の強さを明かしている。

 佐藤と行動を共にする“亜人”役には城田優、千葉雄大、山田裕貴の3人、厚生労働省・亜人管理委員会の戸崎優役に玉山鉄二、戸崎の秘書兼ボディーガードを務める下村泉役に元AKB48の川栄李奈、圭の妹・慧理子に浜辺美波が決定している。


クランクイン!ビデオ新作おすすめビデオ


最新作5本視聴体験今すぐおためし




関連記事

この記事をシェアする

編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング


注目フォト