山田孝之主演&プロデユース、山下敦弘監督『ハード・コア』公開 共演に佐藤健ら

映画『ハード・コア』

映画『ハード・コア』 (c)2018「ハード・コア」製作委員会

写真1枚

 俳優の山田孝之が主演&プロデュースを務める映画『ハード・コア』が2018年に全国公開されることが発表された。監督を『山田孝之のカンヌ映画祭』の山下敦弘が務め、共演に佐藤健、荒川良々が名を連ねる。


 『ハード・コア』は、狩撫麻礼といましろたかしによる漫画『ハード・コア‐平成地獄ブラザーズ』を完全実写化。現代の日本を舞台に、正真正銘のアウトロー・権藤右近(山田)が、弟・権藤左近(佐藤)、そして素朴な友人・牛山(荒川)と共に、高性能なロボットを見つけたことをきっかけに破天荒な事件に巻き込まれ、人生を一変するやも知れない事態に直面する姿を描く。

 主役の右近を演じる山田は「全くどうしようもなく不器用な男の生き様を見ていると、イライラしてくる。でも嫌いになれない。この男の不器用さは自分に足りない部分なのでは? とすら思えてくる。そして男たちの結末に、僕は泣いた。それはきっと、曲がった世界を真っ直ぐ生きる男の姿、そこに間違いなく憧れがあるからだろう」とコメント。

 オファーを受けたときのことを「山田孝之ファンとしては、山田孝之との兄弟役と聞き2秒で出演を決めました」と述懐する佐藤は、「詳しく話を聞いていくと、素敵な共演者の方々、原作、そして山下監督とご一緒できるとのことで、棚から牡丹餅的な気持ちです。不思議な魅力を漂わせる映画になればいいなと思っております」と出演の喜びを語る。また原作が人生のバイブルだという荒川は「役作りは完璧に仕上がってます! 早く始めて下さい!」と自信をのぞかせている。

 かねてから、いましろファンだと公言してきた山下は「山田孝之の口から“山下さん『ハード・コア』って読みました?”っていう言葉が飛び出して早5年。もうこれはやらねばというか、やる運命というかハッキリ言って使命にも似た境地です」と語り、「普通のオッさんがマンガ界の中でも純度の高い『ハード・コア』を監督します。ぜひとも楽しみにしていてください」と作品への自信をのぞかせている。

 映画『ハード・コア』は2018年全国公開。


「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


クランクイン!ビデオとは?





関連記事

この記事をシェアする

編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング


注目フォト