ヒロインがセクシー&キュートすぎる!『ブレードランナー 2049』特別映像公開

映画『ブレードランナー 2049』でジョイを演じるアナ・デ・アルマス

映画『ブレードランナー 2049』でジョイを演じるアナ・デ・アルマス  

写真1枚

 SF映画の傑作として今なお語り継がれる『ブレードランナー』(82)の続編『ブレードランナー 2049』より、ヒロインのジョイを演じたアナ・デ・アルマスの魅力が詰まった特別映像が到着。主演を務めたライアン・ゴズリングが「理想の女性」と語るジョイのセクシーでキュートな姿は話題を集めそうだ。


 2049年を舞台に、新たなブレードランナーの“K”(ライアン)が、自分の過去、そして30年前に姿を消したデッカード(ハリソン・フォード)の行方を追う姿を描く本作。映像の冒頭でKに「寂しかったわ。大変な1日だった?」と優しく声をかけるのが、彼の恋人であるジョイだ。Kが仕事を終えて帰ってくる部屋でも、捜査へ向かう荒廃した街でも、雨が降りすさぶなかでも、常にキュートな笑顔で寄り添い、献身的に支えるその姿は、Kを演じたライアンも「ジョイは理想の女性だ」と絶賛するほど。

 そんなジョイを演じたアナは、“世界で最も美しい顔100人”に3年連続で選出(2014年:31位、2015年:9位、2016年:16位)されるほどの美貌を持つ注目の女優。『カリブの白い薔薇』で映画デビューを果たした彼女は、本国スペインで興行成績1位を記録した『灼熱の肌』で主演を務め、過激なシーンにも挑戦。2015年に公開された『ノック・ノック』では、キアヌ・リーヴスとの共演を果たし、真面目で誠実な男性を貶める“魔性の金髪美女”を好演した。

 自身の役柄について「ジョイは温かく繊細で面白くてセクシーよ。話しやすくて愛情をストレートに示すの」と語るアナは、劇中で抜群のスタイルとセクシーな裸身も披露し、Kを魅了する迫真の演技を見せている。その一方で、ライアンが「2人の関係はとても複雑なんだ」と意味深な言葉を残すなど、ジョイがストーリーの鍵を握る重要なキャラクターであることは間違いなさそうだ。
 
 映画『ブレードランナー 2049』は10月27日全国ロードショー。




この記事をシェアする

「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


クランクイン!ビデオとは?





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト