知念侑李×中川大志×小松菜奈『坂道のアポロン』初映像解禁&公開日決定

(上段左から)中川大志、小松奈菜、ディーン・フジオカ、真野恵里菜(下段左から)中村梅雀、山下容莉枝、野間口徹

(上段左から)中川大志、小松奈菜、ディーン・フジオカ、真野恵里菜(下段左から)中村梅雀、山下容莉枝、野間口徹 (c)2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会

写真2枚

 Hey! Say! JUMPの知念侑李が単独初主演、共演に中川大志、小松菜奈を迎え実写化される名作コミックを原作とした映画『坂道のアポロン』が、2018年3月10日より全国公開されることが決定、あわせて初の映像が解禁となった。


 本作は第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、2009年版「このマンガがすごい!オンナ編」第1位に輝いた、小玉ユキ原作の同名コミックを実写化。2012年に放映されたアニメでは音楽に若手ジャズミュージシャンの松永貴志(ピアノ)、石若駿(ドラム)のプレーを起用し、映像と融合した斬新な表現が話題となった。

 医師として病院に勤める西見薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る3人の高校生。10年前の、もう戻らない“特別なあの頃”。転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕千太郎と、運命的な出会いを果たした。

 2人は音楽で繋がれ、不思議と薫は千太郎に惹かれていく。2人がセッションをし、千太郎の幼馴染みの迎律子と3人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知る。切ない関係を持ちながら、2人はいつも最高の音楽を奏でていた。しかしある日突然、千太郎は2人の前から姿を消してしまい…。

 長崎県・佐世保市へ来た転校生で、周囲に馴染めない主人公・西見薫を知念、学校一の荒くれ者で、“札付きの不良”と恐れられながらも、優しい心で薫の一生の友達となる川渕千太郎を中川、千太郎の幼馴染みで町のレコード屋の娘、迎律子を小松が演じる。

 他のキャストにはディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀ら実力派キャストが集結、さらに新たなキャストとして、山下容莉枝、ジャニーズJr.の松村北斗、野間口徹らの出演も解禁となった。

 特報映像では、薫が千太郎という友人、律子との恋を通して変わっていく様子、そして大きな事件を感じさせる10年間が描かれている。映像の中で流れるジャズの名曲『いつか王子様が』は、劇中で知念、中川によってセッションされる1曲。本作のために、知念はピアノ、中川はドラムを数ヵ月にわたり猛特訓したといい、その成果が映像中に現れている。

 映画『坂道のアポロン』は2018年3月10日より全国公開。




この記事をシェアする

「クランクイン!ビデオ」はクランクイン!と連携した動画配信サービスです

クランクイン!ビデオで配信中!

この記事を読んだ人におすすめの作品


今だけ!お好きな作品1本プレゼント





関連記事


編集部おすすめ


クランクイン!ビデオ 人気ランキング




注目フォト