三度目の殺人

福山雅治が弁護士役で殺人犯に挑む心理サスペンス

勝利にこだわる弁護士の重盛は、やむを得ず、30年前にも殺人の前科がある三隅の弁護を引き受ける。三隅は解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されていた。“負け“が決まったような裁判だったが、三隅に会う度に重盛の確信は揺らぎ……

関連記事