月と雷

“普通の家族“を知らぬ女性の心のさまよいを描写

幼少期に母に逃げられた過去を持ち、普通の家庭を知らないまま大人になった泰子。結婚を控えたある日、彼女の前に父の愛人だった女性と、その息子、智が現れる。かつて半年間だけ一緒に暮らしたことがある智との交流は、やがて泰子の生活を変えていき……

関連記事