フェリシーと夢のトウシューズ

バレリーナに憧れる少女の成長を見つめた感動作

19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーはバレリーナになることを夢見ていた。ある日、彼女は、親友で発明家を志すヴィクターに誘われて、憧れの町パリを目指して施設を抜け出し、他人になりすましてオペラバレエ学校に入学する。

関連記事