ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

(C)2017 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎

70年の時を経て再現される最後の一皿とは?

1930年代、満州に渡った天皇の料理番・山形直太朗は究極の美味112品によるフルコース“大日本帝国食菜全席“を考案。しかしそのレシピは戦争で失われてしまう。消えたレシピの謎を追い、“麒麟の舌“を持つ料理人・佐々木充はメニューの完全再現に挑む。

関連記事