きっと、いい日が待っている

幼い兄弟が切り開く希望の道を、実話をもとに描く

労働者階級の家庭に生まれた13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、養護施設に預けられることに。だが、そこでは“しつけ“という口実のもとに体罰が横行していた。さらにふたりは、上級生たちからのいじめの標的になってしまい……

関連記事