花筐/HANAGATAMI

名匠・大林宣彦監督の幻の脚本がよみがえる

1941年の春、佐賀県唐津に暮らす叔母の元に身を寄せる17歳の俊彦は、アポロ神のような鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇、女友達のあきねや千歳たちと青春を謳歌していた。しかし、彼らの自由な日常は、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。

関連記事