二十六夜待ち

孤独な魂を抱え、身を寄り添わせる男女の恋愛劇

震災ですべてを失い、福島県いわき市の叔母の工務店に身を寄せている由実は、小さな飲み屋“杉谷“で働き始める。店主の杉谷は、料理をしていたこと以外すべての記憶を失くし、孤独を抱えていた。由実と杉谷は次第に惹かれ合い、心と体を寄り添わせていく。

関連記事