悪と仮面のルール

“悪“になるために生まれた殺人者の愛と哀しみ

財閥家・久喜に生まれた少年・文宏は、自分は“悪“になるためにつくられた存在だと父から知らされる。ある時、父が初恋相手の香織に危害を加えようとしていることを知った文宏は、父を殺し失踪。10数年後、文宏は顔と名前を変え、別人・新谷になりすまし……

関連記事