過ぎて行け、延滞10代

注目の若手映画監督による青春ストーリー

田舎町で暮らす高校3年生の夏子は、携帯に日々の出来事や悩みを録音していた。将来に焦りを感じつつも何となく生きていた彼女は、夏休み前の試験当日、昼休みに学校を抜け出すと、同級生の将也と共に、憧れのバンドの復活ライブを見るため東京へと向かう。

関連記事