人物情報

ララ・フリン・ボイル Lara Flynn Boyle

(C)AFLO

この記事をシェアする

    生年月日
    1970/3/24
    出身地
    アメリカ/アイオワ州

芸名のララは名作「ドクトル・ジバゴ」のヒロインの名前から、フリンは往年の人気俳優エロール・フリンから取ったという。幼少の頃はひどく内気な女の子で、それを克服するためにアイリッシュダンスや即興芝居を学び、やがてシカゴ・アカデミー・フォー・ジ・アーツで本格的に演技の勉強を始めた。87年にTV映画「アメリカ」でデビュー。翌年には「ポルターガイスト3/少女の霊に捧ぐ…」で映画デビューを果たした。「いまを生きる」(89)にも小さな役で出演したが、9 年、日本でも一大社会現象となったデヴィッド・リンチ監督の異色TVシリーズ「ツイン・ピークス」のドナ役で大ブレイク。謎の死を遂げたローラ・パーマーの親友役だが、そのミステリアスな美少女ぶりは当時、群を抜いて目立っていた。「ツイン・ピークス」以降はしばらく低迷していた、低予算映画を中心に、アクションから文芸作、コメディと芸域を広げて、着実にキャリアを重ねている。クリント・イーストウッド監督・主演の「ルーキー」(9 )ではチャーリー・シーンの恋人、「恋はワインの香り」(9 )では母親と同じ男性を好きになる娘、デニス・ホッパー演じる酒に溺れる男の若くセクシーな妻を演じた「アイ・オブ・ザ・ストーム」(91)、アラン・ルドルフ監督の「堕ちた恋人たちへ」(92)での詩を愛する繊細な娘、「レッドロック/裏切りの銃弾」(92)では夫に命を狙われる妻、「スリーサム」(94)でのゲイとストレートの男性との三角関係に悩む女子大生役など、異なったジャンルの映画で様々な役柄に挑戦。「ウェインズ・ワールド」(92)、「ケロッグ博士」(94)、「ハピネス」(98)のようなオフビートな作品にも出演している。特に、トッド・ソロンズ監督の「ハピネス」では、不幸のどん底に突き落とされる三姉妹の次女で、フィリップ・シーモア・ホフマン演じる不気味な隣人に愛される、売れっ子作家だが意地悪なヘレン役で印象を残した。ミステリアスな美貌が、3 代に入って人間離れしてきた彼女、「メン・イン・ブラック2」( 2)では、スパーセクシーなエイリアンを演じたが、ラジー賞ワースト助演女優賞にノミネートされてしまった。しかし、97年から始まったデヴィッド・E・ケリー製作の人気TVシリーズ「プラクティス~ボストン弁護士ファイル」では美人弁護士ヘレン役が好評で、エミー賞や全米俳優協会賞に何度もノミネートされている。…というわけで、映画のほうはしばらくご無沙汰だったが、番組の人気低迷で 3年に降板。番組自体も 4年5月、ついに終了。その後は、「Huff」( 4)、「Las Vegas」( 5)とTVシリーズにゲスト出演している。私生活では、96年にジョン・パトリック・ディーⅢ世という男性と結婚したが、98年に離婚。99年以来、33歳年上の怪優ジャック・ニコルソンとの“美女と野獣”交際が話題だったが、 1年にとうとう別れてしまった。一時期はニコルソンとデヴィッド・スペイドに二股をかけていたとの噂も。


関連画像一覧

NEWS