人物情報

デニース・リチャーズ でにーす・りちゃーず

この記事をシェアする

    生年月日
    1972/2/17
    出身地
    アメリカ/イリノイ州

本名はデニース・リー・リチャーズ。父親は電話会社で働いていたが、現在両親はサン・ディエゴで「Jitters」というコーヒーショップを経営しているそうだ。幼い頃はシャイな女の子だったが、高校でチアリーダーとなり、在学中からモデルを始めた。卒業後はLAに渡って、本格的にモデルとして活躍。しかし、それに飽き足らなかった彼女は9 年、人気TVシリーズ「Life Goes On」にゲスト出演して女優としての足がかりを作り、「ビバリーヒルズ高校生白書」や「隣のサインフェルド」などの人気コメディにもゲストで登場。93年には「リーサル・ウェポン」シリーズをはじめ、刑事もの映画を寒くパロったコメディ「ローデッド・ウェポン1」で映画デビューを果たす。ちなみに同作には、将来のダンナ様となるチャーリー・シーンも出演している。殺された高校生が、マッド・サイエンティストによってロボットのティラノサウルスに脳移植され、自分をいじめた同級生に復讐するというおバカなSFコメディ「Tammy and the T-Rex」(94)で彼の恋人役として早くも主演。数本のTV映画とグレッグ・アラキ監督の「ノーウェア」(97)に端役で出演した後、ポール・ヴァーホーヴェン監督のSF「スターシップ・トゥルーパーズ」(97)で巨大昆虫型エイリアンと戦う女パイロットを演じて、その健康的だがセクシーな魅力を発揮して(とりわけ男性陣に)注目され、ブロックバスター・エンターテイメント・アワードの“最も気に入った新人女優”賞にノミネートされた。翌年には、マット・ディロン&ネイヴ・キャンベルと共演したサスペンス「ワイルドシングス」(98)で小悪魔的なエロスを全開。松田聖子も出ているコメディ「わたしが美しくなった1 の秘密」(99)では、ミスコンに勝ち抜くタカビーなお嬢様をコミカルに演じて、コメディエンヌとしての可能性を広げた。そしてついに、「 7/ワールド・イズ・ノット・イナフ」(99)でボンドガールに抜擢され、セクシーな核物理学者を演じるが、女王様パワー炸裂のソフィー・マルソーの前には影が薄く、おまけにラジー賞ワースト助演女優賞まで受賞してしまう。その後は、カナダのカーレース映画「テールライトは眠らない」(99)、ホラー「バレンタイン」( 1)、または「フレンズ」の第7シーズンにゲスト出演するなど細々と活動していたが、この頃からチャーリー・シーンと付き合い始め、ロマコメ「Good Advice」( 1)でも恋人同士として共演。また、チャーリーが主演している「スピン・シティ」の第6シーズンにも4話にわたって登場し、話題となった。キュートな笑顔とセクシー・バディでブラックヒーローをメロメロにさせる「アンダーカバー・ブラザー」( 2)のハジけぶりも大健闘。ベン・アフレック&マット・デイモンが共同で設立した製作会社の第一回作品「恋の方程式 あなたのハートにクリック2」( 2)でも、ルーク・ウィルソンが片思いをする女の子役でキュートな魅力を振りまいている。屈託のない笑顔とナイス・バディに恵まれ、脱ぎっぷりも抜群の彼女、セックス・シンボルから脱皮する鍵はコメディ力をパワーアップさせることかも?ホラーパロディ第三弾「最‘狂'絶叫計画」( 3)にも登場している。 私生活では、 2年6月、ついにチャーリー・シーンと結婚、“ハリウッドの問題児”に年貢を納めさせ、 4年に娘サムが誕生、翌年には次女ローラが誕生した。しかしその後、夫婦の関係が悪化、一度は修復に努力をしたようだが、結局離婚に至っている。現在はボンジョヴィのリッチー・サンボラと交際中。


関連画像一覧

NEWS