人物情報

キーラ・ナイトレイ Keira Knightley

(C)AFLO

この記事をシェアする

    生年月日
    1985/3/26
    出身地
    イギリス/ミドルセックス

その健康的でキュートな美貌とスレンダーなボディで、若手英国人女優の中でも現在、国際的に断トツの人気を誇るキーラは、生まれたときからすでに女優になることを運命づけられていたかのようだ。舞台とTVを中心に活躍している俳優ウィル・ナイトレイと、アラン・リックマンが映画化した「ウィンター・ゲスト」の作者としても知られているスコットランド人劇作家の母シャーマン・マクドナルドの間に、2番目の子供として生まれる。本名はキーラ・クリスティーナ・ナイトレイ。ケイリブという名の6歳年上の兄がいる。キーラは3歳にしてすでに女優になるという明確な意思を持ち、エージェントをつけてほしいと両親に頼んだという。その願いは6歳になって叶い、その後は夏休みになると集中的に演技の勉強を行った。そして7歳のときに、ミニー・ドライヴァー、ルバート・グレイヴスが出演しているTVドラマ「Royal Celebration」(93)に端役で女優デビュー。続いて、ジョアンナ・トロロプの小説が原作の、小さな村で女性と恋愛関係に陥る主婦の物語「A Village Affair」(94)の数シーンに出演、映画デビューを果たす。兄と妹の禁断の愛を描く美しくも悲劇的なサスペンス「イノセント・ライズ」(95)では、ガブリエル・アンウォーの少女時代を演じた。そして99年、最初のチャンスが訪れる。「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」でナタリー・ポートマン演じるアミダラ王女の影武者役に大抜擢され、わずかな出演ながら英米で注目されることになり、同年、TVミニシリーズ「オリバー・ツイスト」でオリバーの養父となるブラウンローに育てられた孤児ローズという重要な役を得る。ピーター・ヒューイット監督のTV映画であるアドベンチャー「レジェンド・オブ・アロー」( 1)で、囚われの身になっている父ロビン・フッドを救出するため奮闘する娘グウィン役で初主演。若者たちの陰湿な情念の渦巻くサイコティックな物語「穴」( 1)では、その美少女ぶりもさることながら、瑞々しい肢体にドキリとさせられる。まだ18歳にもならない 2年には、さらなる大きな転機を迎えることに。英国のインディペント映画「ベッカムに恋して」で女子サッカーチームのエースストライカーを爽やかに演じ、映画の予想をはるかに超える国際的な大ヒットと相俟って、キーラの少年のような中性的な魅力がティーンの注目を浴びて人気が沸騰。ロンドン批評家協会賞を受賞するなど、数々の映画賞にもノミネートされた。ロシアの文豪パステルナークの名作「ドクトル・ジバゴ」( 2)のTVミニシリーズで、東欧での3ヵ月にわたる撮影に耐えてヒロイン・ラーラを演じた後、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」( 3)でついに、ハリウッド映画のメインキャラクターに抜擢された。美しいが強くお転婆な総督の娘エリザベス役で彼女らしい生き生きとしたヒロイン像を作り、共演のオーランド・ブルームと共にティーン・チョイス・アワードを受賞、世界的にブレイクを果たした。とはいえ、小さな英国映画での彼女の魅力も捨てがたい。「ラブ・アクチュアリー」( 3)の一挿話では結婚したばかりの夫の友人に密かな想いを寄せられる新妻を演じているが、フツーの英国娘としての等身大の姿がチャーミングだ。ちなみに、監督・脚本のリチャード・カーティスは、キーラのおへそピアスに一目惚れして、彼女を起用したと語っている。監督のその言葉は実際、結婚式のシーンにしっかり反映されているので見逃さないように!その後、歴史劇「キング・アーサー」( 4)、エイドリアン・ブロディと共演の異色サスペンス「ジャケット」( 5)と大作が続くが、英国ビクトリア朝時代を代表する女流作家ジェイン・オースティンの古典小説「プライドと偏見」( 5)に出演。気が強いばかりになかなか真実の愛に気づけない、5人姉妹の次女を演じて、見事アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にWノミネートされ、名実共にトップスターの仲間入りをした。トニー・スコット監督の「ドミノ」( 5)では実在した女性賞金稼ぎを熱演したものの、映画の評価が低かったのは残念だった。1 代の前半までは失読症に悩まされていたというが、それを見事に克服した彼女。その努力、そして天性の美貌と才能で、今後も大女優の道を着実に歩んでいくことだろう。まだ2 代前半、キーラの可能性は無限に広がっている。新作は、待望の第二弾「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」( 6)。もちろん、エリザベス役を再演する。フランスの蚕商人の人生の旅を描くロマンス「シルク」( 7)、英国上流階級のある一家で起きた事件を巡る「つぐない」( 7)、「パイレーツ・オブ・カリビアン」第三弾「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」( 7)が待機中。私生活では、 3年8月から、モデルで「マリー・アントワネット」で俳優デビューを飾ったジェイミー・ドーナンと約2年間交際を続け、一度は破局し復縁したものの、今年になって再び別れたようだ。その後は、「プライドと偏見」でイケメンだけどダメ男のウィッカム氏を演じたルパート・フレンドとの交際が噂されている。


関連画像一覧

NEWS